安全・安心への取り組み

 安心・安全への取組み

すべてのお客様へ安心をお届けするべく弊社では衛生面には特に最新の注意を払っております。
消毒を行った者以外の入室を管理した工場を始め定期的な検査を実施し安心した食材を提供するための対策を行なっております。
従業員には入室に対するマニュアルを用意し、作業前に行う約束事として周知徹底しております。

危機管理体制

当社における危機管理体制の指標として、
取引先全てのお客様及び一般消費者様に、健康危害を最小限に食い止め
また、被害拡大を事前に抑制する事が社会的責任であるとしております。
食肉を扱う当社として食品事故については特に体制を強化し、迅速に
対応出来る体制を構築しております。
主な食品事故のリスクとして、
▼混入
・菌、ウィルスによる食中毒
・ガラス、金属、プラスチック、ゴム等
・昆虫、寄生虫等
・洗剤、消毒液の混入
・過去事例の無い病原菌、新型ウィルスの汚染
▼法令・基準違反
・農薬の残留基準違反
・添加物の使用基準違反
・期限表示の誤り
・BSE汚染国からの輸入条件違反
・放射性物質の暫定基準値
様々なリスクが存在します。
これらの問題にいち早く対応することが消費者様の健康危害の
阻止が可能と考えております。